読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

DMM英会話を1ヶ月やってみた感想

DMMのオンライン英会話を1ヶ月体験したので、おもったことと気づいたことをまとめてみたいとおもいます。

英会話

 

初回のレッスンはやはり緊張する

外国人と1対1でオンラインで話すのが初めてなので、レッスンが開始するまで半日ぐらい不安でオトオトしていた。初心者向き(話すスピードが遅め、経験豊富)の先生を選んだので、いざレッスンが始まると今までの緊張が嘘のように消えました。

レベルチェックはすべき

2回目のレッスンで会話力のレベルチェックを行った。自分のレベルにあった授業やテキストを知るためぜひ最初にやっておきたいことです。

最初の1ヶ月なら半額で受講できる

デイリーPLUSというクーポンサイトで半額で受講できるクーポンを配っています。デイリーPLUSを継続利用すると有料となるが、無料体験期間中に退会できます。

あいさつと簡単な自己紹介を予め練習しておく

簡単なあいさつでもいざ話すとなるとうまくできません。最初のレッスンはどうしても緊張するので、話すべき項目を紙に書いておくだけでも大丈夫です。数回レッスンを受けると、紙を見なくてもスラスラと自己紹介ができるようになります。ちなみに自分が紙に書いた内容は以下のとおりです。

  • 名前、年齢、職業
  • 家族構成、趣味

レッスンリクエストをする

レッスンを予約するとき、先生に細かい要望を出すことが出来ます。最低でも使用する教材を指定しておくことです。なぜなら、1コマが25分しかないので、その場で勉強する教材を探すのは非常に時間の無駄となります。また自分の場合、間違った文法と発音を全部指摘するようにリクエストをしています。先生によってリクエストを確認しない人もいるので、その場で直接自分の要望を伝えます。

開始時間にきっちりレッスンがスタートする

レッスンを遅刻する先生はいませんでした。1回だけ先生都合でキャンセルされたことはあったが、1レッスンを多く受講できるレッスンチケットをもらいました。

いい先生は相性しだい

毎回先生を変えて、合計34人とレッスンを行いました。先生を選ぶさい、必ず過去の評価と発音を確認しています。高評価だからといって自分に合う先生とは限りません。やはり実際にレッスンを受けてみないと分かりません。

先生の質は実にいろいろ

「質」というより「個性」がいろいろですね。話すスピード、訛り、レッスンリクエストに対する忠実度、タイピングの有無、レッスンノートの細かさなど、すべての先生で異なります。

お気に入りの先生をさがす

専業で先生をしている人もいればそうでない人もいるので、最低10人のお気に入りの先生をキープしましょう。

人気講師は一瞬で予約済み

迷っている瞬間に他人にとられます。キャンセルは何度でもできるので、迷う前にまず予約をしておきましょう。

雑音はたまにある

回線の混雑状況による雑音はたまに発生します。東欧は比較的雑音は少ない印象です。ドミニカとフィリピンはやや雑音がある印象です。回線雑音の他に、子供の泣き声や犬の鳴き声などの生活雑音もあります。

予習と復習はする

自分の場合、3回目以降のレッスンはずっとデイリーニュースを使っています。難しいボキャブラリーが出てくるので、レッスンが始まるまで単語確認を行います。文章は、精読せずざっと目を通して難易度を確認するようにしています。レッスンが終わったら、新しい単語をiKnowに登録して、その日の文章をもう一度読みます。

iKnowは有能!

iKnowは単語暗記用ツールで、DMM英会話の会員に対して無料で提供しています。iKnowのおかげで単語力が驚くほど向上しました。これほど効果があるとはまったくの予想外で、今では毎日1~2時間やり続けています。語彙力あっての会話力と実感しました。iKnowは実に有能なツールです!

セルビア語とタガログ語であいさつしてみる

「こんにちは」、「ありがとう」、「さようなら」、これだけですぐに先生と親しくなります。ド忘れするときもあるので、ポストイットに書いて机に貼っています。

フリートーク用の写真を用意する

私の場合、ガーデニングが趣味と自己紹介したとき、先生からどんな花を育ってていますかと質問されることがあります。そこで、トークを盛り上げるため花の写真をすぐに共有できるようにPCのデスクトップに置いています。

 

今日までの勉強時間累計

  • オンライン英会話 875分
  • iKnow 55時間8分